矢崎グループの皆さまへ
自動車保険「大口団体割引率」がさらにアップしました

(2021年1月1日より)

  • 変更後の大口団体割引率は2021年1月1日~2021年12月31日の間に始期日を有するご契約に適用されます。
  • 割引率はその団体のご契約台数と損害率をもとに毎年見直されます。
  • 試算条件<タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)>※(始期日:2021年1月1日、保険期間:1年間)
    ヤリスクロス(型式:MXPJ10):自家用普通乗用車、20等級(事故有係数適用期間0年)、長期優良割引、ゴールド免許割引、年令条件:35歳以上補償、料率クラス:車両9・対人6・対物7・傷害7、初度登録年月:令和2年9月、新車割引、ASV割引、先進環境対策車割引(ハイブリット車割引)
    補償内容:対人賠償保険:無制限、対人臨時費用特約、対歩行者等傷害特約、対物賠償保険:無制限(免責金額なし)、対物超過修理費用特約、人身傷害保険、自動車事故特約:5,000万円、人身傷害家族臨時交通費用特約、被害者救済費用特約、傷害一時金特約、車両保険無過失事故特約、無保険車傷害特約、車両保険<一般補償>(免責金額:1回目なし・2回目以降10万円):300万円、全損時諸費用特約、ロードサービス費用特約(代車提供型)、弁護士費用特約(自動車事故型)、運転特性情報による保険料算出に関する特約、ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約、使用目的:通勤・通学使用、運転免許証の色:ゴールド免許

  • 「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)」は、「運転特性情報による保険料算出に関する特約」および「ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約」がセットされた個人総合自動車保険のペットネームです。

大口団体割引率の変更について

2020年12月31日までの割引率
33.0%
2021年1月1日以降の割引率
35.0%
  • 変更後の大口団体割引率は、2021年1月1日~2021年12月31日の間に始期日を有するご契約に適用されます。
  • 大口団体割引率はその団体のご契約台数と損害率をもとに毎年見直されます。

Point1

保険料の払込みは給与引落しで
かんたん便利!
初回の保険料は原則始期日から2か月後の給与引落しとなります。

Point2

他社からの
切替でも
等級・事故有係数適用期間 継承可能!

Point3

ご家族のマイカーも
ご加入OK!
同居のご家族のマイカーも35%割引でご加入いただけます!(注)
  • 配偶者
  • 同居の息子・娘
  • 同居の両親
  • 同居の息子・娘夫婦
  • 別居の扶養親族(息子・娘・両親)
  • (注)団体扱自動車保険の保険契約者は団体に勤務し、団体から毎月給与の支払を受けている方に限ります。
    また、ご契約のお車を主に使用される方等(記名被保険者)および車両所有者は保険契約者、保険契約者の配偶者、保険契約者またはその配偶者の同居の親族(別居中の扶養親族を含みます。)に限ります。

『大口団体割引』は優良な団体向けの割引制度です。
団体全体のご契約台数および損害率により、割引率が変わります!
皆さまの事故が少ないと割引率も上がる仕組みなのです。

この機会にぜひ、大口団体割引のお得な情報を職場の皆さまにお声かけください!

インターネットによる団体扱自動車保険新規(他社切替)
または継続手続きサービス(e-G1)のご案内
(あいおいニッセイ同和損保)

本サービスは、あいおいニッセイ同和損保への新規(他社切替)手続き、または継続手続きをインターネット上で行うことができるサービスです。

パソコン・タブレット・スマートフォンから簡単にお手続きが可能です!!
  • インターネットで自動車保険の新規(他社切替)手続き、または継続手続きができます

    ご自宅や職場のパソコン、タブレット、スマートフォンからお客さまご自身でお手続きができます。

  • 申込書や確認書への記入・提出は一切不要です

    インターネットのみで手続きが完結できます。

  • ご契約内容は、おすすめプランから選択いただけます

    おすすめプランだけでなく、お客さまご自身で特約等の補償額を見直しいただけます。

ご利用方法(お手続きの流れ)

新規(他社切替)手続きはこちらから
継続手続きはこちら

当ホームページでは、インターネット上で契約手続きが可能な商品のうち、当社の経営方針により選定した商品をご案内しています。

通信機能付きドライブレコーダーのご案内

通信機能付きドライブレコーダーをご活用ください

保険会社のドライブレコーダーは、運転状況に応じた注意喚起するアラートを提供し、安全運転をサポートします。
また、衝撃(自力走行が困難と思われる程度の衝撃)を検知すると、専用オペレーターへ自動通報。事故映像を自動的に記録・送信しスムーズな事故解決につながります。

あいおいニッセイ同和損保
タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)
通信機能付きドライブレコーダーがご利用可能。
先進的な自動車保険。
タフ・見守るクルマの保険プラスS
ドライブレコーダーをお持ちの方はもっと手軽に簡単に通信機能を追加。
日新火災海上保険
ドライビングサポート24プラス(ドラレコ型)
  • 安全運転支援
  • 自動通話
  • 事故映像録画&自動送信

事故防止ポイントチェック

あなたはいくつ心がけていますか?

不注意による事故の防止
運転に集中し、衝突に注意を
  • 交通ルールを必ず守るようにしましょう

    交通ルールを守ることで、事故の加害者、被害者いずれにもならないようにしましょう。

  • 仕事やレジャーからの帰り道に注意

    仕事やレジャーの帰り道などは気持ちの緩みや疲労により、注意力が散漫になりがちです。気持ちの引き締めと適度な休息を心掛けましょう。

  • 適切な車間距離をとり余裕を持った運転をする

    自分は気をつけていても、他の車の影響で事故を起こすこともあります。
    前の車が急停止をしても追突しないだけの十分な車間距離をとりましょう。

交差点での事故の防止
青信号でも注意、
曲がる際には最徐行運転を
  • 信号を守ることはもちろん、信号の変わり目に注意を

    青信号でも左右から車が来る可能性もあるので注意をしましょう。
    黄色信号になったらあせらず、交差点に進行せず車を停止させましょう。

  • 信号が無い場合の注意点

    優先道路を走っている場合でも相手が止まってくれるとは限りません。
    交差点に近づいたら必ず減速し、衝突事故を起こさないようにしましょう。

  • 見通しの悪い交差点では、徐行(※)もしくは一時停止で確認を

    見通しの悪い交差点では、死角が多く歩行者、自転車等と接触の可能性があります。徐行運転や一時停止を行ない、状況を確認してから進行しましょう。

  • (※)徐行とは、いつでも停止できる速度~おおむね時速10km以下をいいます。
駐車場での事故の防止
駐車場では最徐行で最善の注意を
  • 発進時は駐車車両との間隔に注意する

    発進時には、左右の駐車車両との間隔に十分注意をし、通行車両や歩行者が接近していないかどうかを必ず確認をしてからゆっくりと発進しましょう。

  • 駐車場内は徐行運転をする

    駐車場内は、通行車両や歩行者の動きに注意しながら、徐行運転でまわりに注意しながら進行しましょう。

  • バック時は徐行して細心の注意を

    バック時は死角が多く、まわりの車や歩行者に接触する可能性が高くなります。
    徐行で注意しながら進行しましょう。